WiMAX 通信速度

「ギガ速」って聞くけれど、実際どうなの?

WiMAXはモバイルルーターの中でも人気No.1!

これは一体なぜなのでしょうか?

恐らく、通信速度の速さが人気の秘訣になっているのでしょう。

よく「ギガ速」とか「ギガ放題」とか聞きますよね。

WiMAXでは、通信速度を非常に大切にしており、尚且つ高速通信を楽しむことが出来るのです。

では、具体的にどのくらいの速度が出るのでしょうか?

下りの速度(ダウンロード)が440Mbps以上!

WiMAXの最新モバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX03」では、なんと下りの速度が440Mbps以上!これはベストエフォートの値ですが、それでも業界屈指の速さをみせています。

※ベストエフォートというのは、最大限ここまでの速度が出るように、努力しましょう。という理論的な限界の値です。

平均すると、WiMAXでは、40Mbps〜80Mbps程度の速度が出るので、数あるモバイルルーターの中でも屈指の速度をみせています。

よって、通信速度の速さを体感したいのであれば、WiMAXがおススメです。

特にwimax2プラスは人気があります。

通信速度、場所によって違うんじゃないの?

確かに、測定する場所によって、通信速度は変わってきます。

例えば、東京都心と、北海道の北東部では、同じ対応エリア内であっても、速度に差が出るのです。

東京が、100Mbps出ているとすると、北海道はその半分の50Mbpsくらいになります。

それでも、WiMAXは対応エリア内であれば、ある程度の通信速度がでるので、それほど気にする必要はありません。

一般的にPCをするのに必要な通信速度は1〜2Mbps程度なので、その基準は十分にクリアしているのです。

対応エリア内にいれば、十分WiMAXの高速通信を受けることが可能になります。

但し、室内の利用には弱い

室内利用が弱い点が、WiMAXの弱点であると言えるでしょう。

高速通信を目指した結果、電波が直進性の高いものになっており、これが床や壁などの障害物にぶつかりやすくなっているのです。

そのため、WiMAXは室内利用が、弱くなっています。

改善点としては、ルーターを窓際に置いたり、クレードルを利用し、有線LAN接続したりするなど、部屋の中で利用する際は工夫が必要になると言えるでしょう。



TOP PAGE