そもそもWi-Fi中継器ってどんな機器なの?

Wi-Fi中継器、無線LAN接続で、ネットに接続されている方なら一度は聞いたことのある、機器だと思います。

これは、自宅の無線LANやモバイルWi-Fiの電波の状況を改善してくれるものです。

この場合注意してほしいのは、中継器はあくまで、お使いのPCとモバイルルーターの間の無線通信を改善するのであって、基地局の電波を改善するものではないということ。

よって、まずは基地局から発せられている電波をきっちりとキャッチし、それをモバイルルーターからPCへつなぐことが大切になります。

どんな時使うの?

例えば、家の中で無線の電波が届きにくく、常にモバイルルーターを持ち歩くなんてことがあるかもしれません。

そういった場合には、中継器があると、今まで電波の届かなかった部屋でインターネットの利用が出来るようになります。

特にモバイルルーター1台で一軒家のインターネット接続をすべて賄うとき、Wi-Fiの中継があると便利です。

1台では隅々に電波を届けにくい端末であっても、部屋のあちこちに電波を行き渡らせることが可能になります。

モバイルルーターの電波の範囲は10〜20mほどといわれていますから、一軒家の場合はすこし足りないかもしれません。

そんな時は、Wi-Fiの中継器があると便利です。

中継器があると、何が変わるの?

例えばA部屋とB部屋があり、1台のモバイルルーターでは電波が届かない場合、部屋と部屋の間に中継器を置くことで、物理的に距離が離れている2つの部屋に電波を飛ばすことが出来るようになります。

モバイルルーターを使う部屋ごとに、持ち運ぶ必要がなくなるので、中継があるとストレスが緩和されます。

最近のWi-Fi中継器は家庭用のコンセントに差し込むだけの簡単設置タイプが主流になっています。

また、メーカーも「エレコム」「バッファロー」「アイ・オー・データー」などから販売されており、価格も4,000円〜8,000円前後となっています。

いずれにしても、中継器は1台あると便利なものなので、電波が届きにくいと感じている方は利用されてみてもいいでしょう。



TOP PAGE