自分の対応エリアについて、まずは知ろう

WiMAXの対応エリアは日々広がっています。

現在は人口カバー率が100%に迫り、基本的には日本全国で使うことが可能です。

WiMAXには2つのネットワーク回線があります。

  • WiMAX回線
  • WiMAX2+回線

WiMAX回線は速度が遅くなっているのですが、対応エリアが広く、WiMAX2+は速度は速いのですが、使えるエリアが、都心部、中核市に限ります。まずは、公式のHPから自分のエリアが、対応エリア内なのか?それを判定することが大切です。

対応エリア、地下鉄や空港はどうなの?

出勤、通学などで電車を利用する方は多いと思います。

となると、車内でも快適にネットを使える環境は大切ですよね。

WiMAXはどうなんでしょうか?

いくら対応エリアが広くても、地下鉄やトンネルなどの環境では使えない?それでは困ります。

でも、安心してください。

WiMAXは地下鉄やトンネル内、あるいは空港やその他鉄道でも使うことが可能です。

東京メトロの全路線で快適にインターネットを行うことが出来ます。また、サービスは日々拡大しているので、近い将来、日本全域でWiMAXを使える日が来るでしょう。

対応エリア、日々広がっているの?

WiMAXでは電波の送信出力の向上と、WiMAX機器のアンテナ増幅を目指し、日々活動しています。

その結果、従来圏外だった場所が、対応エリアになったり、電波が弱いとされている弱電界エリアであっても、通信速度が落ちないように、速度の向上を目指しています。

それだけでなく、将来の混雑状況を把握し、WiMAXの基地局を増設し、対応エリアを広げ、つながりやすい環境づくりを行っているのです。

まずはTryWiMAXから!

WiMAXが対応エリア内であった場合、まずはTryWiMAXというお試しのサービスを利用することをお勧めします。

このサービスは15日間、登録料、通信料、レンタル料、配送費用などの費用が一切かからず、無料でWiMAXを試すことが出来るシステムです。

これを使うことにより、自分の生活範囲、活動範囲の対応エリアの状況が逐一把握することができ、実際にWiMAXへ契約したときに、スムーズにインターネットを楽しむことが出来るようになります。



TOP PAGE