2018年の4月にサービスが終了!

停波って言葉を知っていますか?あまり聞きなれないですけど、停波(ていは)と読みます。

これは、電波の送信を止めることを意味しており、特に、常時電波を発信している無線局が電波送信を止めることを言います。

そして、今、モバイルルーターの世界の中で、この「停波」の問題に直面しているのは、WiMAXになります。

WiMAXには、2つのネット回線があります。

  • WiMAX回線
  • WiMAX2+回線

この2つです。

現在は、より高速通信であるWiMAX2+回線が主流になっており、新規に契約されるのであれば、WiMAX2+回線がおススメです。

この理由は、ただ速いだけでなく、WiMAX回線は2018年の4月に「停波」が決まっているためです。

停波が決まっているWiMAX、今後はどうなるの?

WiMAX回線は停波が決まり、そして、2018年の4月からはWiMAX2+へ、システムが完全に1本化されます。そうすると、現在WiMAXが使用している回線に空きが出来、WiMAX2+をより効率的に使うことが出来るようになります。

また、この流れを受け、WiMAXユーザーはなるべく早く、WiMAXからWiMAX2+の回線への切り替えが必要です。

現在、停波が決まっているWiMAX回線は、通信速度が低下しています。

元々、40Mbpsだった通信速度は、どんどん縮小されており、今は、13.3Mbpsの速度になっています。

つまり、WiMAX回線では、WiMAXの売りである高速通信に恩恵を受けることができないので、早めの切り替えが重要。来る2018年の4月を前に、契約を変更することをお勧めします。

WiMAX2+、通信制限はないの?

WiMAXユーザーが一定の水準いる背景には、月々のデータ使用量の制限がない、「ノーリミットモード」の存在があります。

このモードはデータ使用量の制限を受けることがないので、どれだけ使っても一定の水準の通信速度を保つことが出来ます。

それでも、WiMAX2+に契約した方が良い理由には、WiMAX2+には「ギガ放題」という、「ノーリミットモード」に代わるプランが存在しているからです。

「ギガ放題」なら高速通信を楽しみながら、月々のデータ使用量を気にせずにPCをすることができます。



TOP PAGE